台湾 渡航制限解除。 来客はいつ帰りますか?現状と今後の規制緩和について説明してください!

台湾:旅行制限の緩和:10月の旅行制限の終了へようこそ

自宅で14日間待機し、健康状態を監視し、他の人との距離を保つ必要があります(社会的距離)。 10月以降、外国人観光客は入国を容易にしますか? リンク: インドネシアバリ島、リアウ諸島、ジャワ島(10月〜) 新しいコロナウイルスの新たな発生が起こらなければ、政府は10月からバリ、リアウ諸島、および文化の中心地であるジャワ島のジョグジャカルタへの外国人観光客を歓迎します。 匿名を保ちたい普通の人から• また、6月22日より、一部の国・地域からのエントリーについては、以下の条件によりエントリー後の待ち時間が短縮されます。 メキシコ(7月19日更新)米国国境への不必要かつ緊急ではない旅行制限が8月20日まで延長されました。 上記のように、現在、一般旅行者が台湾に入国することは禁止されています。

Next

台湾、10月1日から外国人の旅行制限を緩和

実施すれば、14日間孤立せずにグアムに入国することができ、観光再開への第一歩となる。 すべての移民は、社会的距離、衛生、滞在中のマスクの着用など、政府の感染対策に忠実でなければなりません。 また、日本に入国してから14日間、自宅で待機することも継続されます。 (4月3日発効)出張者のみ受付再開、入国後14日間自宅待機 (9月8日より) シンガポール 〇 短期入国者の入国と通過の禁止 居住許可や就労ビザがあっても、医療や交通などの公共サービスに関わる産業の労働者を除いて、日本に戻ることはできません。 これは、旅行者や日本からの日本人が台湾に入国した後の移民および行動制限の説明です。 フランス 感染症リスク情報レベル3発表(旅行はおやめください) 帰国時の14日間の隔離対策 特別な制限なしに観光目的で入国できます。

Next

【国内118カ国の出入国規制】新コロナによる各国の出入国規制の概要

(8月29日現在)国境閉鎖は9月末まで延長されています。 the着陸の3営業日以内に適切な受入機関の証明書、ネガティブPCR証明書、台湾訪問中のルーティング、大規模感染予防計画を提供します。 目標は、低リスクの国を通過する際に国に入ろうとする人々を排除することです。 4泊以上滞在した場合、グアム入国前5日以内にPCR検査が陰性であることを証明する証明書がある場合、または滞在5日目にグアムでPCR検査を行った場合結果が陰性の場合検疫措置は5日目以降は適用されません。 外国人観光客の受け入れは徐々に進んでおり、中国や韓国などのアジア地域も対象国に含まれる可能性が高い。

Next

【特集】台湾は10月から外国人観光客を受け入れ始めます。王冠を維持した台湾の「三相緩和策」の徹底解説

ボリビア(多国籍国) 感染した人間(121,604) 死んだ(7,054) 【入国制限】 ・ ・ 【絶縁】 ・ ・ 国または地域 (確認された感染数) 移民制限の詳細 オーストラリア 感染した(26 465) 死んだ(781) 【入国制限】 ・ ・ダイヤモンドプリンセスクルーズ船に搭乗する方は入国できません(オーストラリア国民で入国前に14日間隔離されている方は入国できません) ・ 【検疫】 ・• ポーランド(7月7日更新)日本を含む7か国から直行便でポーランドに到着する乗客の入国規制が緩和されました。 」例外的なケースでは、居住許可証またはD証明書なしでオーストリアに入国することは、否定的な証明書の提示時に許可されます。 (7月23日更新)10日間の自己分離は、ハイリスクでない国からの入国から除外されます。 グレナダ すべての旅行者は、到着後7日以内に取得した否定的なPCR証明書を所持している必要があります(Calicom旅行エリアからの旅行者で、過去14日以内に旅行エリアに滞在した場合)。 日本からの移民の場合、これは彼らがビジネス目的でのみ入国を許可されることを意味します。

Next

【出入国制限の概要】9月11日更新:台湾・マレーシア・日本向けクラウンアクション再開/世界旅行制限リストで最新情報を一目で確認

電子申請を提出する必要があります。 c)診断書に加えて、バウチャー申請の検討中に健康診断が実施されます。 オーストリアまたは特定の国に住所がある日本人がこれらの国から入国する場合、否定的な証明書や自己隔離措置は必要ありません。 検疫プロセスをさらに簡素化することについて話し合い、決定する機会があります。 3月28日以降、中国を訪問するための有効な証明書と現在発行されている居住許可があれば、外国人の入国は一時的に禁止されます。 Hから• (アルバータ) 5月20日以降、カルガリーまたはエドモントン国際空港に海外から到着する旅行者は、現地での隔離計画を提出する必要があります。 詳細はこちら。

Next

【出入国制限の概要】9月11日更新:台湾・マレーシア・日本向けクラウンアクション再開/世界旅行制限リストで最新情報を一目で確認

発熱がある場合は、ホテルに滞在し、毎朝疫学者に相談する必要があります)。 北、中央、南アメリカ 🇯🇲ジャマイカ(9月8日更新)ジャマイカの日本大使館が更新。 ネガティブPCR証明書が必要です。 4月3日現在、過去14日間同エリアに滞在した外国人は入国を拒否されましたが、7月29日現在、入国後14日間在宅待機時間を確保しつつ、出張者のみ入場更新を行っております。 トランジットは可能です。 日本から中国への対策については、レベル3旅行取消しガイドラインを公開しています。

Next